今日の天気は晴れー。

毎日ドタバタ、でもハッピーの連続。5児ママ、みらの日常です。

Entries

一年生、もがき中。

みきが幼稚園をお休みした火曜日。
小学校の養護の先生からお電話が。
「誰か具合が悪くなったか?!」と
思ったら、まぼが
ドッヂボールの最中に
顔面から転んで
鼻を打ったとのこと。
昼休みに腫れてないか再度見るから来るように伝えたけど
来なかったので
ご家庭で見てあげてくださいとのことでした。

そっかー。

帰宅したまぼは
鼻に絆創膏を貼り
やんちゃ坊主感モリモリ。

痛いけど、鼻の骨が折れてるとかはなさそう。

確認している最中に
今度は担任の先生から電話が。

鼻の怪我の詳細と
ピアニカホースが壊れてしまったこと。

そして
最後に
「最近、まぼくんはご家庭で
何かありませんでしたか?」と言われました。

う、嫌な予感。

どうやら
最近、ちょっと
おともだちをすれ違いざまに
軽くたたいてみたり
押してみたり。
少しそういうことが目立つみたい。

まだ、お友達に怪我をさせるとか
そこまでは行かないみたいなのですが。

小学校に慣れて
家でお兄ちゃんにからかわれた時に出る
叩いたり、蹴ったりのやり返しが
出てきたかな。

そういうことを伝え
先生も
気を付けてみてくれるとおっしゃってくださいまして。

その日は電話を切り
まぼにも少しお話をしました。

そして
翌日、水曜日。
またもや
担任の先生から電話が。

どうやら、
朝、門が開くのを待っているときに
おともだちと
やりあっていたようで。

先生がお話を聞いても
「どっちが先にやった」という話になっているようで。

その時に
先生が
まぼに「最近、どうしたの?」という話をしてくれたようです。

すると
「少しイライラしてる」と。
理由を聞くと
「自由帳に絵を描いていると
『何それ』とか嫌なことを言われたりする」と。

そこで
先生が
嫌なことがあったら
なんでも先生に言っていいよ、
すぐに言っていいよ、
お話聞くからね、と
お話をしてくれたようです。
これが水曜日のお話。


そして、木曜日。
帰宅したまぼが
「お友達の○○くんと××くんが
下校中に石を投げてきた。
頭に当たった。
やめてと言ってもやめてくれなかった」と
言ってきました。

私は
子供のことを信じてはいますが
子供の主張は
自分のことを悪くは言わないと思っているタイプなので
まぼには
「それは嫌だったね、
○○くんと××くんには
まぼは何かしなかったの?」と聞いてみました。

「なにもしなかったし、やりかえしもしなかった」と言い
自分で
先生に連絡帳に書いて欲しいと
言いました。

なので
相手を責めることは絶対に書かず
聞いたままの話を書き
先生に
双方からお話を聞いてみてください、と
書きました。

これが木曜日。

そして、金曜日。
担任の先生から電話がありました。

連日、本当に申し訳なく…


先生が3人集めて
お話を聞いてくれました。

結果としては。
おともだち二人がその日まぼが何もしていないのに石を投げてきたのは事実。
嫌な言葉を言ったのも事実。

だけど
おともだちの主張は
その前の日
まぼがいきなり
傘でおなかを叩いてきた、とのこと。

そして、
まぼに聞くと
その前に
いきなり、木の棒を
顔の前に突き付けてきたから
ビックリして
思わず持っていた傘で
おなかを叩いてしまった、とのこと。

おともだちたちは
木の棒が
珍しくて
まぼに見せたくて
「見てみて~!木の棒だよ~!」と
見せたかったとのこと。

ちょっとしたことが
悪くこじれた感じです。

でも
先生が両方にきちんと話を聞いてくれて
それで
二人対一人はよくない
石を投げるのは絶対によくない
傘で叩くのもよくないと
双方の良くなかったことを
きちんと
理解させてくれたようです。

一年生、
まだまだ、人の気持ちなんて
わからない。

小さなことが大きくなったりする。


担任の先生が
「なんでも話してね」と言っておいてくれたので
まぼが
私に話してくれて
それを連絡帳を通して
先生に伝えることが出来ました。

見守ってくれて
きちんと双方から話を聞いてくれて
きちんと指導してくれて
ありがたいことだなぁと思います。


一年生
成長過程。

良い担任の先生にめぐりあえてよかったなぁと思います。


私もまだまだ未熟者なので
難しいのですが
子供の事に関しては
特に
冷静に見る目を失ってはいけないなぁと思っています。



ずいぶん前ですが
らぼの女の子のお友達が
我が家に遊びにきました。

その子が私とうちの下の子たちと一緒に
おやつを食べていたときに
「人としてありえない」と言っていました。

私はその言葉がとても嫌いなので
ついつい口を出してしまいました。

「人としてありえない」は
陰口の代表選手みたいなもので。

もしかしたら
「性格が悪い」とか「信じられない言動だ」とかそういう意味で
使ってるのかもしれないけど
それならやめた方がいい、と。

「○ね」や「ウザイ」よりも
殺傷能力は高い。

直接相手には言わないでしょ?

大人も直接は言わないし
あまり陰口としても口に出す人はいない。

よく見かけるのは
ネットとかTwitter。
自分の顔が見えないときに使ってる人が多いよ。
罪悪感が強いから。

たぶん、言ってる人を見かけたら
言ってる人の評価も下がるよ、と。

ということを
お菓子食べつつ
話してしまいました。

「らぼのおかあさん、うぜー」となって
二度と遊びに来ないかなーと
思っていたのですが
その後も何度か遊びに来て
男子がゲームをしている間
私と話していきます。

六年女子、色々あるんだなー。
怖いなー。
そりゃ、全力で戦ってるし
暴言吐きたくなる気持ちもわかるわー。

吐き出して
スッキリするなら
いつでもおいでーというと
「そんなに漫画みたいに簡単なもんじゃないよー!」と
これまた
生意気なことを
言ってみせるのですが。

育児は難しいねー。



そんなことを強く感じた
一週間でした。

まだまだ私も人間として未熟だから
たくさーんもがいてるよ。

たった6年しか生きてない一年生が
もがくのは当たり前。


がんばれ。まぼ。

みんなに認められる良いところは
たくさんたるよ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みら

Author:みら
いて座B型
趣味・読書
   お弁当作り
   何かを作ること
好き・関ジャニ∞安田章大
V6森田剛
   チョコレート
   飲み会
家族構成
  ダンナさん
  みみ(H14年5月生♀)
  らぼ(H16年8月生♂)
  みく(H19年8月生♀)
  まぼ(H22年3月生♂)
  みき(H24年6月生♀)    

最近の記事