今日の天気は晴れー。

毎日ドタバタ、でもハッピーの連続。5児ママ、みらの日常です。

Entries

全力バトル。

うちの五人兄弟なのですが。

上二人は二歳三ヶ月差。
二人とも優等生タイプ。
とっても仲良し。
とっても優しい。
二人でケンカしてるのを見たことがない。




下二人。こちらも二歳三ヶ月差。
二人とも下の子タイプ。
とってもヤンチャ。
人の顔色を見るのが得意。
愛され上手。
二人で毎日ケンカしてるけどとっても仲良し。
問題児だけど
こじらせてはいない。
感情に素直。
わかりやすい問題児。


そして
真ん中っ子みく。


真ん中っ子の私にそっくり。
嫌なところがそっくり。
ワガママで自己主張が強く
いつも
「私を見て!
私にかまって!」
って「心で」言ってる。

だけど、口には出さない。
「そのくらい、わかるでしょ?」
「察してよ!私、今嫌な気分なの!」
「見てくれないと嫌なの!」
の「察してちゃん」

兄とは3歳差。
弟とは2歳7ヶ月差。

一人、少しだけ離れてる。




兄にも暴力。
弟にも暴力。

外面は良い
いい格好しい。

嫌われるの怖いから
外では言われるがまま。
友達とケンカはしない。
ケンカにはならない。

こじらせた問題児。


そりゃあ
これだけ私と似てたら
ぶつかる。

親だから
子供には
真っ直ぐに育ってほしい。
誰からも愛されてほしい。

自分の嫌なところが似てるんだもん。
そこだけは
直してほしい。

だから
まずは冷静に
叱る。

叱る。叱る。叱る。

それから、ヒートアップしてきて
怒鳴りたくなるが
最近は怒鳴らないようにしてるため
会話を紙に書きなぐる。

それを
おかしくないか
読ませてみる。

大抵、ぐちゃぐちゃにして
投げられる。

そこで、放り出す。

なにをって、みくを。

三年生。まだ
玄関から抱えて放り出せる。



原因なんて
いつも些細なこと。

今回の問題はこちら↓。


あー、
自分の感情を落ち着かせるためだけに
書いてるので
読まないでいいですよー。

くだらすぎて
笑えると思うので。




算数の宿題の丸付けをしたら
半分間違えていた。
習い事のあと
半分寝ながらやったので
間違えただけの話。
やり方など理解できているのは
丸をつけている私にはわかる。

なのに、間違えていたのが
嫌で
わからない、と泣く。
眠くて、ぐずっているのもある。

わかってるくせに、
単にうっかりミスのくせに。


そうか、わからないか。

と同意してあげて

二週間休んでいたんだから仕方ないよね。
先生に聞きなさい、と
伝える私。

だけど、
良い子を演じるのが得意だし
成績が良いから変なプライドがあって
先生に聞けない。

お母さんが教えると
先生の教え方とは違うよ、と言うと。

(たとえばかけ算の筆算とかの
0をずらす、とか
やり方が私たちのころとは違う。)

かんしゃくをおこす。
泣く。
わからない、と
どこがわからないか
わかないくらいわからないと
わかっているのに泣く。

じゃあ、
連絡帳に
算数がわからないから教えてほしいと
書いてあげるから
連絡帳を貸しなさいというと

すぐに全部
解き直して
「ぜんぶわかった」という。

ここで
そうとう疲れて
投げ出したくなるが
飲み込む。


とりあえず、寝かせる。

翌日。

宿題を終えたあと
以前買ってあげたドリルを
持ってくる。

一日坊主で
3ページくらいしかやっていない。

昨日、間違えた問題をやりたいけど
載ってない、と言う。

とりあえず、やってないんだから
やっていないところから
やれと伝えると
これは簡単だし
やっても意味がない、という。

じゃあ、それは
時間があるときにやって
今は
学校のドリルを
ノートに解き直ししなさい、と伝える。

すると
学校のドリルは
もう二回解いて覚えた、
やっても意味がない、
新しいのを買って、と言う。


ちなみに
泣きながら言う。

すぐに泣く。



自分の言ってることが
おかしいと思わないか聞く。

ふたたび
会話を紙に書いて見せる私。


おかしくない!
おかあさんがおかしい!

と泣く。


この紙を音読してみなさい、と私。


する意味がない、
おかあさんがおかしい!

と泣く。

紙はぐちゃぐちゃになる。


では。


「出ていきなさい。」


抱え込んで
外に放り出す、の巻。


残念ながら
母は5人の母になり
今のあなたほど外面は
そんなに気にならなくなりましたのでね。

あの家、
子供を外に出してる…と
思われようが
気にならなくなったんですよ。


号泣して
ごめんなさい、もうしません!
と言う。

何がもうしませんなんでしょう。

と聞いてみる。


ドリルをやってないのに
新しいのを買ってと
ワガママを言ってごめんなさい


言う。


わかっててやっているんだな。


わかれば良い、と
とりあえず
家に入れる。




私も
わかっててやっているんだな。



みくが
ドリルを持ってきた時に
偉いじゃん、と
軽く一言誉めてあげれば
ここまでこじれなかったのは
わかってるんだな。


わからない、と言ったときに
一緒に解いてあげて
わかってるじゃん、大丈夫だよ
出来てるよ、と
誉めてあげれば
ここまでこじらせなかったのは
わかってるんだな。


でも、
それをあとから誉めるのは
おかしいので
誉めないんだな。

という言い訳のもと
本当は

嫌いなところだから
誉めたくないんだな。







うちの子のすごいところは
10分経つと
普段通りに戻る。


それには
とても助かっているのだけど。



繰り返す。


とほほ。



はー、疲れるわー。



でもさぁ。

親だからさ
逃げ出すわけにはいかないのよ。


親だからさ
子供が似ているのは
当たり前なのよ。


自分の嫌なところを
見せつけられて
子供を反面教師にしてるのよ。

バカみたいだけど。





そうやって
日々
戦ってるのよ、
女同士。


いつかわかってもらえるかなー。

わかってもらえないだろうなー。

ギャル化して
あっという間に
家を出てっちゃうだろうなぁ。

私の娘だもん。



まぁ
耳に穴あけたくなったら
母が開けてあげるよ。




バイトも許すし
好きな芸能人ができたら
遠征だって許すよ。


彼氏の家にお泊まりはダメよ。
相手の家に迷惑になるから。

最近のお母さんたちは
外に泊まるくらいなら、と
彼氏の家に泊まらせるみたいだけども。



携帯もね、
スマホもね、
自分がほしいと思ったら持っていいよ。

うちは
母が便利だから、
母が安心だから、という理由では
持たせないからね。


ただ、
自分でお金を稼いだらね。



変なお金の稼ぎ方はしちゃダメ。
人の迷惑になることはしちゃダメ。
警察のお世話になることはしちゃダメ。
自分を大切にしなきゃダメ。



それだけ守ってたら
大抵のことは大丈夫よ、母。

通ってきた道だから。




ちなみに
みみもらぼも
抱えて放り出したことが
何度もあるけど
抱えられなくなる頃には
そこまで
私を怒らせることはなくなったなぁ。



二人とも
反抗期は
たぶん、これからなんだけども。




育児は育自。



毎日
全力だよね、母って。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

みら

Author:みら
いて座B型
趣味・読書
   お弁当作り
   何かを作ること
好き・関ジャニ∞安田章大
V6森田剛
   チョコレート
   飲み会
家族構成
  ダンナさん
  みみ(H14年5月生♀)
  らぼ(H16年8月生♂)
  みく(H19年8月生♀)
  まぼ(H22年3月生♂)
  みき(H24年6月生♀)    

最近の記事